小川 公裕 のページ

Kimihiro Ogawa's page  [研修テキスト]


自己紹介補足

1980年にソニー入社以来、2015年に定年後も現在に至るまで、一貫してLSI設計ツール、特にSpiceを土台とするアナログ、ミックスドシグナル系のシミュレーション、設計自動化技術を追求し続けています。自分にとって最も大きな経験は米国Cadence社とユーザー企業7社で行ったアナログ開発同盟への参加でした。7年間ソニー代表を務め、先端技術開発や国際交流等色んな意味で鍛えられました。LSI設計ではデジアナ問わず検証ツールに強みがあり、またMOSモデルパラメータ抽出や論理ライブラリ生成ツールも開発しました。総計で内製ツール10本余りの開発を担当、リードしました。ここ10年では、統計処理、論理等性価検証、3次元シミュレータ(光、デバイス、電磁界等)開発、CMOSセンサ設計検証実務も行いました。さらに量子コンピュータも少しかじりましたが、現在は新しいSpice(NanoSource:GPUを利用した超並列処理)の開発と技術サポートがメインの業務となっております。。サクセス社においては [研修テキスト] に示すような講座を担当しています。

I joined Sony in 1980, retired in 2015 and then still now, I have been always seeking good design automation technology in analog and mixed-signal area based on Spice. For me, the most impressive experience was Cadence(USA) Analog Alliance with 7 user companies which gave me various kind of good opportunities to brush up myself. In this alliance, I was the representative of Sony, could touch leading edge technology development and be in international discussions. I have my strong points in verification both in analog and digital. I even developed MOS model parameter extraction and logic library generation. I led the development of more than 10 internal EDA tools in Sony. In the last decade, I have worked in statistical analysis, logic equivalence check, 3-dimensional multi-physical simulators (light, semiconductor device and electro-magnetic) development and performance verification of CMOS sensor. I have learned quantum computing, but, now development and technical support of new Spice(NanoSource: Ultra Parallel simulation on GPU) is my major job. In Success International, I'm in charge of the technical courses shown in

[sample text].



 

 

職歴

期間

主な業務成果

ソニー()

1980-1984

CMOS及びECLゲートアレイのシステム立ち上げ、設計フロー開発。

1981-1982

静的タイミング検証のRC遅延計算、DAC83 論文賞。

1984-2015

アナログ、ミックスドシグナル、デジタルの設計自動化技術の研究・開発を先導。組織運営その他。10本の内製ツール開発。学会活動。

1989-1996

Cadence社と国内外7社とのアナログ設計環境共同開発同盟(Analog Alliance)のソニーリーダー。米国Silicon Valley赴任2年、SpectreADEの開発に成功。Cadence社がこの世界のリーダーに。

1992-2008

電通学会他各種学会活動、DACASPDAC論文委員、国内外大学との共同研究を推進、社外発表

1998-2002

ソニーLSI福岡デザインセンター立ち上げ。5人→200人規模に成長。

2000-2010

国内外大学、業界の有識者を講師として招き技術セミナーを企画・主催 36

2010-2011

ブラジルのLSI設計教育に指導者として参加。半年@ブラジル (経産省の要請)

2012-2015

アナログ歩留まり解析、高速IFタイミング検証、デバイスSim

トレメンダス・テック

2016.03.30

個人事業主登録

ホロール・テクノロジー()

2015-2017

マルチフィジクス 3次元シミュレータの開発。

2018

CMOSセンサの特性検証。

2020

NanoSource(回路Sim)の開発、技術サポート

Solido Design Automation Inc.

2016-2018

アナログ回路の歩留まり統計解析。日本の顧客の技術サポート。

サクセスインターナショナル()

2017

主にLSI設計技術研修の企画、テキスト作成、講師。量子コンピュータ勉強中。以下参照。


Career

Period

Major achievement

Sony Corp.

1980-1984

Design flow and library development of CMOS and ECL gate array

1981-1982

RC wire delay calculation for static timing analysis, the best paper at DAC83

1984-2015

Management and R&D of analog, mixed signal design automation and digital sign-off verification. More than 10 internal tools, Academic activity.

1989-1996

The leader of Cadence Analog Alliance representing Sony with 7 other international companies for 7 years.

Actually, stayed in Silicon Valley for 2 years. Succeeded to develop Spectre and ADE which made Cadence the No. 1 company in this area.

1992-2008

Academic activity such as a secretary of IEICE/VLD. Associate editor or chairman at DAC, ASPDAC or some others. Facilitated 5 joint projects with universities including UCB and London. Many public technical presentations.

1998-2002

Started up Sony LSI Design, Fukuoka design center and brought it up from 5 to 200 engineers.

2000-2010

Promoted 36 technical seminars inviting Japanese and overseas researchers.

2010-2011

Worked as a tutor of LSI design education in Brazil for 6 months, requested by the Ministry of Economy.

2012-2015

Analog Sign-off, High-Speed IF Timing Analysis, Device Simulator

Tremendous Tech

2016.03.30

Registered as a sole proprietor.

Holor Technology Inc.

2015-2017

Development of multi-physical 3-dimensional simulators.

2018

Performance verification of CMOS sensor.

2020

Development and technical support of NanoSource, a circuit simulator.

Solido Design Automation Inc.

2016-2018

Supported Japanese customers of an analog design yield analysis tool.

Success International Inc.

2017

Mainly plan, write and lecture LSI design methodology classes. Currently learning quantum computer. See below.



ダウンロード
200130 MOSアナログLSI回路のサインオフ検証の適正化 .pdf
PDFファイル 3.3 MB


    

技術講座 講義テキスト サンプル 

SPICE講座 ~解析アルゴリズムとオプション設定~

SPICEを上手に使うため、内部アルゴリズムから実践的オプション設定法まで実習を交えて説明します。6時間×2日(相談可)

ダウンロード
SPICE講座 ~解析アルゴリズムとオプション設定~ サンプル .pdf
PDFファイル 1.3 MB
ダウンロード
研修アンケート例
Spice研修講座 アンケート C190624.pdf
PDFファイル 475.9 KB
ダウンロード
Spice研修講座 アンケート S191002.pdf
PDFファイル 445.5 KB

LSIの低電力化の勘所

LSIの低電力化は様々な技法を駆使しての総合技術です。網羅的に説明すると同時に実習を行って、夫々がどの程度効果があるのかを理解します。  6時間×1日(相談可)

ダウンロード
LSIの低電力化の勘どころ サンプル.pdf
PDFファイル 940.9 KB

アナログLSI回路の設計歩留まり検証技術

アナログ回路の設計合否判定で重要となる ばらつき/設計歩留まり検証を行う際のFast/Slowコーナーの問題点を指摘し、正しい検証手順を実習を交えて説明します。6時間×2日(相談可)

ダウンロード
アナログLSIの設計歩留まり検証技術 サンプル .pdf
PDFファイル 1.4 MB
ダウンロード
2020.Jan.30 情通学会 CAS研究会 招待講演
200130 MOSアナログLSI回路のサインオフ検証の適正化 .pdf
PDFファイル 3.3 MB

                 <本件の紹介記事>


Spiceの高度な解析技術

DC、AC、Tran等基本解析の上に開発された寄生素子縮退、過渡雑音解析や高周波RF回路用の時間-周波数混合解析等の高度な解析技術のアルゴリズムと利用に当たっての留意点を説明。6時間×1日(相談可)


電気系 一般工学知識

新入社員や文系の方の為の電気系基礎知識を図や動画を豊富に使って説明します。無線通信全盛の現在を意識しています。6時間×1日(相談可)

ダウンロード
電気系 一般工学知識 サンプル .pdf
PDFファイル 813.4 KB



開発に関わったEDAツール一覧


ホロール社 (現在)

NanoSource  超高速高並列Spice 2015~

Dr. Wei-Yan-Ho の特許 BaryCenter Model を利用した超高速高並列Spiceの開発・サポート

 

XXXExact  多目的3次元シミュレータ 2015~

回路シミュレータの技術を発展させ、半導体デバイス、光学、電磁波、寄生素子抽出、熱 等のシミュレーションが超高速に可能なツール(多数)の開発

 

ソニー時代 (~2015)

EDEN  設計基準作成  2004~

かつて0.25μの設計マージンの検討を担当した経験から、それを発展して、設計マージンをぎりぎり削るためには設計チップ毎に設計フローやチップの使用環境を考慮してマージン設定する必要があることを学んだ。それを具体的な形にしたのがこのEDENである。特に0.18μから顕著になったマージン計算依頼業務を最初は手作業でこなしていたが、それを自動化した。

 

CCTomato  基本セル特性抽出   2001~

CCTomato開発以前はSynspec (EXD社)を使っていた。特性抽出はセルのレイアウトから論理Libを生成するものであるが、特性の測り方に各社のノウハウがありなかなか汎用品で事足りる訳ではなく、さらに年々項目が追加されるので常にエンハンスしていないと役に立たなくなる。Synspec導入においては、事実上共同開発であり、手間やアイデアをふんだんに提供した。しかし、後にEXD社がCadence社に買収されSynspecが開発中止になったことから、特性抽出で他社に頼ることの危険を実感し自社開発に切り替えた。0.18μ以降のライブラリー生成にフル稼働している。予想通りSignal Integrityや信頼性問題など、どんどん盛り込む内容が追加され、市販品ではとてもタイムリーに提供できなかった。

 

Pangi  電源解析  1997~

それまで論理回路ではVddとGNDは理想的な電源と考えられていた。しかしDRAMの同時スイッチングの解析からそれが間違った前提であることが判明。論理チップにおける電源IRDropの解析の必要性を実感した。しかし当時市販品はなく、自主開発に踏み切った。まだ論理設計者でこの重要性に気付いている人は稀であった。結果PangiをPS2のGSチップ設計に適用し、電源配線の不備を発見したことにより一気に社内で有名となり、以降Pangiでの検証がサインオフ時の必須項目となった。Pangiは配線のEM検証も行う。

 

Pastel メモリー特性抽出  1996~

SoC設計用にメモリージェネレーターを提供しているが、同時にそのメモリーの電気特性をライブラリー化する必要がある。基本セルと違ってメモリーはサイズが大きく、しかもジェネレーターでは任意のサイズ指定が可能なため、その特性を前もってライブラリーに準備しておくには手間もシミュレーション時間も膨大な作業となる。そこでここを自動化した。

 

 

 

ソニー時代 (~2015) 続き

neatGraph アナログ波形表示  1993~

Artistの導入により設計業務の中心がUNIX WSに替わってきたため、MSColorに代わる波形表示ツールを開発。利用者数からは最大のヒット作になった。社内ライセンス数は500を越えた。

 

Cadence社 ADE  アナログ設計環境  1989~1996

ソニー代表としてCadence Analog Allianceに参加。Cadenceとユーザー企業7社、7年間の大きな開発同盟にて様々なアナログ系ツールの開発に貢献。Cadence社がアナログEDAを支配する原動力となった。

 

E3G ECL GA設計システム  1987~1992

ECL GAの設計システムをMentor社のフレームワーク上に開発。論理設計からレイアウト、検証、ドキュメンテーションまでの総合システムを1年で開発した。

 

Captain 階層Spice  1985~1986

Spiceの高速化は永遠のテーマである。この時はNode Tearing法を使って高速化に取り組んだ。しかし計算が不安定で失敗。今でこそ問題がTrモデル計算部にあったことが分かっているが、当時は原因が掴めず打ちのめされた思いであった。

 

MSColor アナログ波形表示  1984~1987

当時Spiceの波形出力は132文字のキャラクターでプリントされていた。それをHPのグラフィックディスプレイとペンプロッターに出力するように変更。値もそれまでの補間値からSpiceの内部データに切り替えて精度を上げた。設計者には大変喜ばれた。

 

AESOP MOS Tr 抽出  1983~1990

MOS Trの測定を行いモデルパラメータを合わせ込むツール、それまでは測定も合わせ込みも手作業で行われており非常に非効率かつ人依存になっていた。Stanford大学が開発したSUXESをベースに容量モデリングや測定器との接続部分を追加開発。この後商用ベースのモデリングツールが登場。

 

TVS スタティックタイミング解析  1982~1984

1983年のDACBest Paper受賞

当時としては先進的な考え方であったStatic Timing解析ツール。現在ではSynopsys社のPrimeTimeが代表的。今でこそ当たり前のディジタル回路タイミングサインオフツールであるが、ソニーで皆さんが使うようになったのは2000年近くになってからである。つまり開発が早過ぎて使われなかった。この中に収めたRC遅延計算ツールもまた使われだしたのは1995年頃からであり、10年早かった。

 



過去に主催した技術講座一覧


実施年月日

講師

タイトル

05

Dr. Kenneth S Kundert

RF Simulation

05

Dr. Min-Chie Jeng and Dr. Zhihong Liu

MOS model

6.01

静岡大学 浅井秀樹 教授

零、極、AHDL ?

05.11.21

静岡県立大学 渡邉貴之 講師

電磁界シミュレータ、寄生LC抽出

05.08.01

中央大学 築山修治 教授

統計的タイミング解析

05.06.22

横浜国立大学 新井宏之 教授

RFIC向け電磁界解析手法比較解説

05.05.23

北九州市立大 鈴木五郎 教授

大規模RCL回路の縮退技術

05.04.26

神奈川工科大学 奥村万規子教授

時間・周波数混合解析

05.03.23-24

北九州市立大学 中武繁寿 助教授

アナログ自動レイアウト

05.03.18

大阪大学 橋本昌宣 助教授

遅延/Xtalk計算法

04.12.22

芝浦工業大学 宇佐美公良 助教授

リーク電流低減技術

03.09.08

静岡大学 浅井秀樹 教授

LSIとボード協調設計

03.07.07

早稲田大学 木村晋二 教授

論理検証、タイミング解析

03.06.23

広島大学 岩田穆 教授

基板結合雑音解析、アナログ設計

03.02.25

京都大学 小野寺秀俊 教授

サインオフ関連技術

03.02.24

東京工業大学 藤井信生 教授

アナログ回路合成

03.02.04-05

九州市立大学 中武繁寿 助教授、梶谷洋司 教授

自動レイアウト

02.12.19

広島大学 三浦道子 教授

トランジスタモデル

01.12.13

九州大学 松永裕介助 教授

論理合成

01.10.29-30

奈良先端大学 木村晋二助 教授

論理検証、タイミング検証

01.09.17

九州工業大学 梶原誠司助 教授

テスト技術

01.08.23-24

北九州市立大 中武繁寿助 教授

自動レイアウト

時期不明

徳島大学 牛田明夫教授

RF Simulation

横浜国立大学 足立教授

Spice

静岡大学 浅井秀樹教授

Spice

香川大学 丹治裕一助教授

RCリダクション

九州大学 安浦寛人教授

高位設計